本文へスキップ

起源およびスタンダードprofile

NORWICH TERRIER

ノーリッチテリアの起源

<起 源>
ノーリッチ及びノーフォークテリアの犬種名は国及び都市に由来しているが、1800年代前半から半ばに遡ると、それらの犬種は一般的に単なるファーム・ドッグであり、区別されていなかった。グレン・オブ・イマール、レッド・ケアン・テリア及びダンディ・ディモントがそれらイースト・アングリアン・テリアの背景にある犬種の一部であり、その結果、レッドの子孫が現在の現在のノーリッチ及びノーフォーク・テリアに現れている。

健全で、狐やアナグマだけでなく、ネズミに対しても使用されたコンパクトなボディをしている典型的な短足のテリアである。陽気で、恐れを知らないが、けんかをしかけたりはしない。作業犬としては地中にいる獰猛な敵に屈せず、この犬種のスタンダードで「名誉の傷跡」は許容されていることが、この犬種のタイプをよく示している。

ノーリッチ・テリアは1932年に英国KCに犬種登録され、当時は垂れ耳のノーリッチ・テリア(現在ではノーフォーク・テリアとして知られている)、及び立ち耳のノーリッチ・テリアとして知られている。それらの犬種は1964年に分割され、垂れ耳のバラエティーにはノーフォーク・テリアという犬種名が与えられた。


<仕 事>
1880年代にケンブリッジ大学のスポーツ好きの学生の間で、ネズミ捕りのうまい小型テリアを飼うのが流行となった。人気のあった犬種は地元ケンブリッジの犬とヨークシャーテリアやアイリッシュ・テリアの雑種で、レッド、ブラック&タンの非常に小さな作業犬であった。

20世紀初頭に、これら頼りになるテリアの中の1頭が、ノーリッチ市の近くの厩舎に移された。この砂色の犬「ラッグズ」は肢が短く、ずんぐりしていて、断耳されていた。名高きネズミ捕り犬として、また種犬として大活躍したラッグスは、現在のノーリッチ・テリアの先祖である。その後20年間多くの作出家が、他の闘志あるテリアと「ラッグズ」やその子孫とかけ合わせた。その中には、半分のサイズのぶちのスタッフォードシャーも含まれていた。人間の友となったり農家の内庭でネズミを捕ったりする犬から、優秀なキツネ狩り用の純血種が作られた。その中の1頭が、アメリカに輸入され、この犬種の名が知られる役割を担った。

<犬種標準(スタンダード)>JKC 201191日改正 

■目(アイズ)

比較的小さく、オーバル(卵形)で、暗褐色である。表情豊かで鋭敏な輝きがある。

■尾(テイル)

断尾は、以前は任意であった。

断尾されている尾:中位に断尾する。尾付は高く、トップラインと完全に同じ高さである。立てて保持する。

断尾されていない尾:適度な長さの尾は全体とのバランスがとれた印象を与える。尾根は太く、先端に向かって先細りになり、できるだけ真っ直ぐであることが好ましい。陽気で快活に保持するが過度ではなく、尾の付け根はトップラインと完全に同じ高さである。

■四肢(リズム)

▼前肢(フォアクォーターズ)

◇足(フォアフィート)

丸く、パッドは厚く、猫足である。立止時も歩様時も真っ直ぐ前方を向く。

▼後肢(ハインドクォーターズ)

◇一般外貌

幅広く、力強く、筋骨たくましい。

◇飛節(ホック)

飛節は低く付き、推進力に富む。

◇足(ハインドフィート)

丸く、パッドは厚く、猫足である。立止時も歩様時も真っ直ぐ前方を向く。

■毛色(カラー)

全てのシェードのレッド、ウィートン、ブラック&タン、またはグリズルの色調。白の斑は望ましくない。

■サイズ

理想的な体高は25cmである。

■欠点

上記の点からのいかなる逸脱も欠点とみなされ、その欠点の重大さは逸脱の程度及び犬の健康並びに福利、また、伝統的な作業を行なうための能力への影響に比例するものとする。

■失格

・攻撃的もしくは過度のシャイ。

・肉体的・精神的に明らかに基準外であるものは、いかなる犬でも失格とみなされる。

・陰睾丸。

※犬種標準(スタンダード)とは、それぞれの犬種の理想像を作り上げて記述したものであり、下記の事項はドッグショーの出陳並びに計画繁殖する犬の参考にするものです。これらの事項からはずれることがあっても、その犬種として、家庭の良き伴侶として飼育されることには問題はありません。


contents

NORWICH TERRIER

〒195-0074
東京都町田市山崎町
267-21
TEL 080-6721-8735
クラブ代表 岡崎 誠